WA、葬儀屋、遺体を車に一晩安置

    200kgの男性死亡モルグ引き取らず  落語のラクダではないが、WA州で体重200kgの男性の遺体を、病院が、安置所には大きすぎると収容を断ったため、葬儀屋が自分の車で一晩安置する事態が起きた。病院では安置所を改造し、300kgの体まで収容できるようにすると発表している。  州北部ピルバラ地域のピルバラ葬儀社共同経営者のジョーン・カミングズさんは、「ヘッドランド・ヘルス・キャンパスの職員に遺体の収...

     詳細を見る

    ステート・オブ・オリジン観戦で射殺

    パブで対戦ファン同士の口論から  6月18日夜、シドニー首都圏西部で、パブでステート・オブ・オリジンの試合を観戦していた客同士の口論になり、店を追い出された後再び路上で口論になり、一人(21)がライフル銃を発射、18歳の青年が死亡した。被害者は直前に加害者に向かったシャベルで襲いかかったとも報道されている。  18日夜、コリトンのパブでステート・オブ・オリジンのラグビー試合を観戦していたNSW州フ...

     詳細を見る

    シドニーのアパートで爆弾騒ぎ

    住民避難、爆発物処理班出動  6月18日午後遅く、シドニーのインナー・ウエストのアパートで爆発事件があり、建物の住民らが避難、警察の爆発物処理班が出動する騒ぎがあった。  グリーブのウエントワース・パーク・ロードにあるアパートの住民は、「午後5時半頃、アパートの一戸から爆発音が聞こえ、その直後、通りの電気がすべて消えた」と語っている。  通報を受けてNSW州消防救助局が出動したが、不審物を発見した...

     詳細を見る

    ゴールドコーストで悪質ないたずら脅迫

    ネコの首切り、血で落書き、車に放火  6月17日、ゴールド・コーストの民家の外で、何者かがネコの首を切り落とし、車に放火し、ガレージの扉に血で落書きするという事件があった。  同日午前3時ごろ、通報で警察官がアルンデルの民家に駆けつけたところ、首を切り落とされたネコの死体が転がっており、その血を使ってガレージの扉に「俺の金はどこだ。チック・タック」と脅迫めいた文句が書き殴られていた。また、同民家の...

     詳細を見る

    オンライン詐欺被害総額9千万ドル

    実被害規模はもっと大きいと推定  豪競争消費者委員会(ACCC)の統計発表によると、2013年のオンラインを利用した詐欺の国内被害総額は8,900万ドルに達している。ただし、これは被害届け出があったものだけで、デート・サイトなどでは被害者が恥じて被害を届け出ないケースも多く、実際の被害は件数でも被害額でもはるかに大きいのではないかと推定されている。  ACCCの発表によると、2013年のオンライン...

     詳細を見る

    シドニー首都圏でバス、民家に突っ込む

    母子4人、危うく難を逃れる  6月15日午後4時頃、シドニー首都圏西部ペンリスの南、グレンモア・パークでバスが民家に突っ込み、塀や壁の一部を破損したが、屋内にいた母子4人は無事だった。また、裏庭に居てバスが突進してくるのに気づいた父親も逃げて無事だった。  警察発表によると、運転手(56)はネピアン病院に運ばれ軽傷の手当てを受けた。また、運転手は事故直前に具合が悪くなり、バスが暴走状態になったまま...

     詳細を見る

    新種のドラッグ中毒、4人病院に収容

    医療関係・警察、「危険薬物」警告  北部準州(NT)ダーウィンで新種の「デザイナー・ドラッグ」を服用した4人が特異な中毒症状を起こし、病院に収容された。  「Snapchat」のブランドで錠剤には「お化けのQ太郎」のようなキャラクターが描かれているが、警察発表によると、錠剤は向精神薬の他に基剤として一般市販のバス・ソルトが用いられており、基剤そのものが人体に害がある。  ダーウィンの男性4人は、こ...

     詳細を見る

    重度身体障害者殺害の両親自殺か

    寛刑受けた事件から13年後に  シドニー首都圏西部で、2001年に心身障害者の息子を殺害し、2007年に「グッド・ビヘイビャー・ボンド」という寛刑を言い渡されたレイモンドとマーガレットさんのサットン夫妻が自宅で遺体で発見された。  サットン夫妻は、28歳の息子、マシューさんの殺害を認めたが、看病の疲れで精神的に参っていたことが認められて寛刑を受けた。しかし、2014年6月14日朝、ペンリスに近いレ...

     詳細を見る

    PNG金鉱地帯でもぐり鉱夫が鉱山襲撃

    豪人男性、金属棒投げられ頭負傷  パプア・ニューギニア(PNG)で、もぐり金鉱夫の住居をPNG警察が焼き討ちしたため、もぐり金鉱夫が金鉱操業所を襲い、操業所に勤めているオーストラリア人男性が負傷した。  PNGの金鉱は過去から環境汚染や土地問題をめぐって鉱山会社と地元住民の対立がしばしば起きている。今回事件が起きたのはバリック金鉱で、豪人社員は、襲撃事件が起きた際に何者かが投げた金属棒を頭に受け、...

     詳細を見る

    カカドゥで男性、ワニに襲われる

    ワニ管理区域外でボート漕ぎ  北部準州カカドゥ国立公園内の川でボートを浮かべていた男性(62)が、家族の目の前でワニにさらわれて行方不明になっている。  現場はクーインダの南西サウス・アリゲータ川で、レンジャーが常時パトロールし、ワニの危険を取り除いている旅行者にも安全とされる地域から外れている。男性は妻、息子と義理の娘と共にダーウィンから遊びに来ていて、この難にあったもので、過去にカカドゥでのキ...

     詳細を見る