身を任せる

    福島先生の人生日々勉強 身を任せる 不幸や混乱は不意にやって来るもの。そういう時 … 続きを読む →...

     詳細を見る

    欲張らない

    福島先生の人生日々勉強 欲張らない 仏法に、「五眼」という言葉があります。肉眼(にくげん)、天眼(てんげん)、慧眼(えげん)、法眼(ほうげん)、仏眼(ぶつげん)です。肉眼は普通の人間の目で、天眼は時間と空間のすべてを見る目、慧眼は智慧の目で、法眼は真理を見る目、仏眼は限りない慈悲の目、仏様の目です。人間が持つ肉眼は、欲望の目と言われます。私たちは肉眼でばかり見ているから、天眼や慧眼が衰え、法眼...

     詳細を見る

    空気

    福島先生の人生日々勉強 空気 私たちは、仕事にしても、人生にしても、何かうまくいかないことがあると、つい社会や他人のせいにしがちです。確かに、世間を見渡せば、一生懸命励んでいるのに報われないということもあります。個人の力ではどうしようもないことがあるのも事実です。おそらく、どんながんばり屋さんでも、困難が続けばいっそ誰かのせいにして、文句の1つも言いたくなることはあるでしょう。 しかし、社会が...

     詳細を見る

    無念無想

    福島先生の人生日々勉強 無念無想 2人の子どもの前に宿題が積まれています。1人は、全部で何枚あるだろう、どのくらいかかるだろう、と数えてから始めました。もう1人は、特に何も考えずに、積まれた課題の1枚目を手に取り、すぐに取り掛かりました。話だけを聞くと、算段して課題に取り組む子どものほうが良い結果に終わるように思えますが、実際は、無心に取り組んだ子どものほうが、最後まで集中力を切らすことなくや...

     詳細を見る

    未知の自分に賭ける

    福島先生の人生日々勉強 未知の自分に賭ける 頑張って努力しているのに、なかなか成果につながらないことがあります。進めば進むほど、ゴールが遠ざかっていく感覚。試行錯誤を繰り返しているうちに、自分はこれでいいのだろうか、このままで本当にいいのだろうか、とさえ思えてくる。そういうときは、自分が持っているおびただしい数の部品を磨いているところだと想像してみてください。毎日、こつこつとただひたすらに磨い...

     詳細を見る

    愛と感謝の法則

    福島先生の人生日々勉強 愛と感謝の法則 私たちの存在は完全ではありません。分かっていることは、今、生きていて、いずれ死ぬということだけです。不完全だからこそ、なんとかしようと努力することで困難を乗り越え、偉大な仕事も成し遂げてきた一方で、完全を目指し、自他を追い詰めてしまうことがあるのも事実です。人間の本質からくることですから当然なのですが、それでも、「欠けていてよいのだ、欠けていてよかった」...

     詳細を見る

    心を還す

    福島先生の人生日々勉強 心を還す 私たちが睡眠をとるのは、体の疲れを取るためだけではありません。人間にとって最も大切な「心の養生」をするためです。ところが、今日の私たちは、心のありようにさほど注意を向けません。物質文化の著しい進化の中で生まれ育ち、生活をしているうちに、精神世界を尊重することの重大さを見失いつつあるのです。 大いなる力がすべてを創り、今があることは紛れもない事実です。私たち人間...

     詳細を見る

    少し緩めがちょうどいい

    福島先生の人生日々勉強 少し緩めがちょうどいい 先日、日本のTV番組の中で、「若者が優先座席に座り、お年寄りに席を譲らないところを見ると、腹が立つかどうか」を問う場面がありました。ほとんどの人が「腹が立つ」と答え、中には「注意する」という意見も出ました。よくある問答なのですが、この話が出るといつも思うのです。座る理由がある若者もいるのではなかろうかと。若者だというだけで、傲慢で思いやりに欠けた...

     詳細を見る

    今この瞬間の自分を見極める

    福島先生の人生日々勉強 今この瞬間の自分を見極める 仏教の教えにはいつも反省させられるばかりですが、特に「三毒」に対しては日ごろから自問の習慣を持っておくべきだと思っています。「三毒」とは、「貪(とん)」「瞋(じん)」「癡(ち)」の3つのこと。1つ目の「貪(とん)」とは貪りの心のことです。際限なく欲しがり、欲しいものに執着する心のことです。2つ目の「瞋(じん)」は、自己中心的な心で怒ることです...

     詳細を見る

    五感を整える

    福島先生の人生日々勉強 五感を整える 何があったというわけでもないのに、心の中がどんよりとして気が沈む。打開しようとして無理をして動いたら、かえって気が滅入ってしまった。そのような日は誰にでもやってきます。人は生き物ですから、心も体も昨日と同じではいられません。 よく左右されるのは気候です。過ごしにくい気候そのものからストレスを受けるということもありますが、さらに自分で気付かぬうちに小さなスト...

     詳細を見る