豪州最高裁、“バックパッカー税”を無効と判断/法律相談室

    第81回 日豪プレス法律相談室 豪州最高裁、“バックパッカー税”を無効と判断  2021年11月3日最高裁で、豪州にワーキング・ホリデー(ワーホリ)・ビザで滞在する各国の若者にとって画期的な判決が下り、“バックパッカー税”は無効となりました。  覚えていますでしょうか? 16年、豪州連邦政府はワーホリ・ビザ所有者に対し、15%の所得税を課する新税法(※417あるいは4 62ビザを保有して豪州に滞在...

     詳細を見る

    バーチャルがニューリアルへ/法律相談室

    第80回 日豪プレス法律相談室 バーチャルがニューリアルへ  新型コロナウイルスの影響で、いわゆる“昔ながら”の対面ミーティングがしにくくなり、Zoomアプリなどを使ったオンライン・ミーティングの開催がごく普通の世の中へと変わりましたね。こうした時代の流れに沿って、豪州の裁判所もリモート・テクノロジーを取り入れるようになってきました。かつて訴訟の当事者や証人たちは、裁判所に出廷する必要がありました...

     詳細を見る

    扶養家族による賠償請求/法律相談室

    第79回 日豪プレス法律相談室 扶養家族による賠償請求  「相手ドライバーの信号無視による交通事故で夫が亡くなりました。私と2 人の子どもたちは、その事故に直接関係したわけではありませんが、亡くなった夫の扶養家族という立場で賠償請求を起こせるのでしょうか?」──。  過去、オーストラリアの裁判所は「死亡」を「負傷」として考えていなかったため、加害者の過失を起因とする事故で亡くなった方の家族による、...

     詳細を見る

    命名に関する規則~認められない名前~/法律相談室

    第78回 日豪プレス法律相談室 命名に関する規則~認められない名前~  オーストラリアでは子どもが生まれてから60日以内に州の登記所に出生届を提出しますが、そこで最初に行われるのが名前の承認です。  オーストラリアの親は自分たちの好みで、ただし節度のある範囲で自由に子どもの名付け(ファースト・ネームあるいはミドル・ネーム)ができます。しかし「Births, Deaths and Marriages...

     詳細を見る

    法律とフットボール/法律相談室

    第77回 日豪プレス法律相談室 法律とフットボール  たくさんのオージーが9月に行われるAFL(オーストラリアン・フットボール・リーグ)の決勝戦を楽しみにしています。コンタクト・スポーツであるフットボールは、そのルールに関する議論も多く、例えば競技中の暴力と公共の場での暴力とでは、法律上、別に扱われるということもその1つです。  1985年、当時のホーソンでプレーしていたフッティー・レジェンド、レ...

     詳細を見る

    法に関する数字/法律相談室

    第76回 日豪プレス法律相談室 法に関する数字  今回は少し趣向を変えて、オーストラリアの法律にまつわる「数字」についてご紹介します。 【1901年1月1日】  豪州が「合法」になった日、つまり豪州建国の日。6つの豪州植民地を統合し、新連邦を形成。この時、連邦最高裁判所の設立は、国にとって不可欠であるにもかかわらず先送りされた。ディーコン首相は、豪州連邦最高裁判所を設立する法律を議会で可決させる...

     詳細を見る

    雪に関する法律/法律相談室

    第75回 日豪プレス法律相談室 雪に関する法律  米国ニュージャージー州には、車が雪や氷で覆われてしまった場合、それらを全て除去してからでないと道路に出てはいけないという法律があります。大型トレーラー車に付着していた氷がトラックに当たり、そのトラックがジェシカさんの車と衝突した事故で、不運にも彼女が亡くなったことが発端でできたこの法律は、“ジェシカ法”として知られています。  豪州に同様の法律は存...

     詳細を見る

    裁判での反対尋問/法律相談室

    第74回 日豪プレス法律相談室 裁判での反対尋問  反対尋問は、相手方が申請した証人に対して行うものです。弁護士の反対尋問の技術、つまり何を聞くかで進行がガラリと変わることがあります。有効な反対尋問ができれば、相手側の証人から新事実を引き出せるかもしれません。 2つの重要ルール  期待する答えが返ってくるような誘導尋問を行います。一方で、主尋問での誘導尋問は禁止されています。また、証人は自由回答式...

     詳細を見る

    Stopped by a Promise/法律相談室

    第73回 日豪プレス法律相談室 Stopped by a Promise  豪州には公正な商取引を確保するため、“Promissory Estoppel(約束的禁反言)”という法的概念があります。この法律用語は“Stopped by a Promise” の意。約束を信じて不利益を被った人を衡平の観点から保護するための概念です。今回は“Promissory Estoppel”について、例を挙げて説...

     詳細を見る

    鋼橋級に強固な契約書の作成/法律相談室

    第73回 日豪プレス法律相談室 鋼橋級に強固な契約書の作成  拘束力の強い契約書には、3つの重要事項が含まれています。シドニーのハーバー・ブリッジ(2000人が建設に携わり、8年の工期を経て1932年に完成した世界最大級のアーチ橋)建設の際に交わされた契約書を例に挙げ、それらを見ていきましょう。  1924年3月24日、建設業者Dorman Long and Coの代表者とニュー・サウス・ウェール...

     詳細を見る

1 2 3 4 5 6 9