2021/22会計年度連邦予算案の公表/政局展望

     5月11日、モリソン率いる自由党・国民党保守連合政権が、来年度連邦予算案を公表している。保守連合政権が誕生したのは2013年の9月で、今回の予算案は通算で8回目となるが、その内容は昨年の10月に公表された前回予算案と相当に類似したものとなっている。 今次連邦予算案の概要 「Securing Australia’s Recovery」が謳い文句の今次予算案  両予算案が類似した背景には、第1...

     詳細を見る

    与党労働党の歴史的勝利に終わったWA州選挙/政局展望

     3月13日に実施された西オーストラリア(WA)州選挙は、即日開票の結果、2017年の前回WA州選挙から、実に16~17%もの親労働党スウィングが発生し、予想通りにマクゴーワン率いる与党労働党が、カークップ率いる野党自由党を、文字通り完膚なきまでに叩きのめしている。 選挙帰趨(きすう)  与党労働党の勝利が認識されたのは、選挙当日のWA州現地時間で午後6時半ごろ、すなわち、投票が締め切られ、開票...

     詳細を見る

    性犯罪疑惑で苦境に陥るモリソン保守政府/政局展望

     COVID-19感染問題への対応では、依然として高く評価されているモリソン保守連合政権だが、昨年11月ごろから発生した自由党の女性スキャンダル、「女性差別」問題で批判に晒されている。しかも今年の2月になると、はるかに深刻な強姦事件、有力政治家の強姦疑惑が報道され、モリソン保守連合政府は一挙に苦境に陥っている。 強姦事件の告発  自由党関係者による強姦事件が世間の知るところとなったのは、今年の2...

     詳細を見る

    モリソン首相の年頭演説

     長期にわたった夏季休会も終了し、いよいよ2月9日(火)から連邦議会が再開されたが、その前日の8日に、保守連合政府のモリソン自由党首相が、恒例の年頭首相演説を行っている。 演説のハイライト  年頭演説の中でモリソンは、保守政府にとっての2021年の最重要課題、最優先課題として、①新型コロナウイルス感染問題(COVID-19)への対処、②経済復興、③基盤的サービスの供給、④国家安全保障、そして⑤地...

     詳細を見る

    政府が中国の対豪投資案件に拒否権

    フライデンバーグ財務大臣の決定 これは、中国の国策建設企業である中国建設エンジニアリング公社(CSCEC)が計画していた、豪州の建設企業プロビルド(Probuild)を3億豪州ドルで買収するとの計画に(注:プロビルドの親会社は南アフリカ企業)、連邦政府が待ったをかけたというものである。正確には、政府が案件申請に国益審査などの観点から拒否権を発動することを示唆した結果、CSCECはフライデンバーグ...

     詳細を見る

    分裂に直面する大労働組合

    つい数年前に、合併を通じて規模や財政力を大きく拡大させたばかりの新巨大労働組合「建設・森林・海運・鉱業・エネルギー組合」(CFMMEU)だが、早くも分裂の危機に見舞われている。セッカVIC州支部書記長率いる、CFMMEU内建設労組の影響力低下は必至の状況である。 CFMMEUの誕生 2018年3月、連邦労使機関である公正労働委員会(FWC)が、左派系の「建設・森林・鉱業・エネルギー組合」(CFM...

     詳細を見る

    連邦予算案の公表

     周知の通り、今年の初頭から本格化した「百年に一度の一大事件」とされるCOVID-19の世界的感染問題によって、豪州ばかりか、世界を取り巻く環境は激変している。そういった中、モリソン率いる自由党・国民党連邦保守連合政権が10月6日(火)に、通常の公表時期よりも5カ月ほど遅れて連邦予算案を公表している(注:通常は5月の第2火曜日に公表)。 保守連合政権と財政再建  保守連合政権が誕生したのは201...

     詳細を見る

    与党労働党の勝利に終わった北部準州選挙

     8月22日に北部準州(NT)で実施された選挙は、ガナー率いる労働党政権が過半数を維持して再選を果たしている。同選挙では、新型コロナウイルス感染への警戒心もあってか、NT有権者の内の実に半分以上、正確には53%もの有権者が、選挙当日の投票所での投票ではなく、郵便投票などを通じた事前投票制度を利用している。しかも感染問題は、与党勝利の主因ともなった。 ガナー北部準州首席大臣(マイケル・ガナー氏Fa...

     詳細を見る

    政局展望「新型コロナウイルス感染問題と経済政策」

    新型コロナウイルス感染問題と経済政策 ナオキ・マツモト・コンサルタンシー:松本直樹 年明けより注目され始めた新型コロナウイルスは、あっという間にパンデミック(注:世界的規模の感染)にまで発展し、約3カ月が経過した現時点でも、「出口」が見えないような深刻な状況にある。危機的状況の中、世界各国は、国境封鎖や外出禁止令といった、前代未聞とも言える感染対策を採っているが、こういった保健・医療対策と並行...

     詳細を見る

    政局展望「求心力低下の与党国民党」

    求心力低下の与党国民党 ナオキ・マツモト・コンサルタンシー:松本直樹 自由党と連立関係にある国民党の求心力が低下しており、同党のリーダーシップ問題が今後も燻(いぶ)り続ける可能性や、「造反」議員の活動の先鋭化、そしてシニアー・パートナーである自由党との関係が齟齬(そご)を来すことが懸念されている。 経緯と最近の動き 年が明けてからモリソン与党保守連合政権は、山火事大災害への稚拙な対応ぶりに...

     詳細を見る

1 2 3 4 5 6 7