冬の訪れはファガスの黄葉と共に/タスマニア巡り

    第6回 タスマニア巡り 冬の訪れはファガスの黄葉と共に クレイドル・マウンテンを鮮やかに染めるファガス  4月、街路樹や農園の木々が赤黄に色付き葉を落とし始めると他州よりも足早に、駆け足で秋が過ぎていきます。秋の風物詩でもある紅葉・黄葉ですが、実は豪州原産の樹木ではほとんどありません。温暖で厳しい冬を越す必要のないこの大陸の樹木は常緑樹のみ。プラナスやニレ、ポプラなどに代表される街路樹は、全て外...

     詳細を見る

    肉好きの悪魔? タスマニアン・デビル/タスマニア巡り

    第5回 タスマニア巡り 肉好きの悪魔? タスマニアン・デビル 夜行性なのに日光浴が大好きなデビルたち  他では見ることのできない動植物が数多く生息するタスマニア。その中で最も有名なのが、誰しも一度は耳にしたことがある肉食有袋類、タスマニアン・デビルでしょう。一体どんな生き物なのでしょう?  断末魔のような鳴き声、自分より大きな獲物に襲い掛かる凶暴さ、骨をも残さず食す牙とあご、食物連鎖の頂点に君臨...

     詳細を見る

    夕日が沈む街、ストローン

    第4回 タスマニア巡り夕日が沈む街、ストローン 南極海に沈む夕日に思いを馳せる、オーシャン・ビーチの夕日  タスマニアはどのくらいの大きさかご存知でしょうか?地図上では豪州大陸との比較から、実際よりかなり小さめに考える人が多いようですが、タスマニアは北海道の約8割、世界でも26番目という大きな陸地。観光者の多くが訪れて初めてその大きさに驚くようです。 じっくり見て回るなら1週間あっても足りない当...

     詳細を見る

    東海岸の宝石、フレシネ国立公園

    第3回 タスマニア巡り東海岸の宝石、フレシネ国立公園  他州に比べ夏の到来が遅く、期間も短いタスマニア。真夏でも30度を超えるような日は数えるほどしかありません。それでも夏はやはり海を楽しみたいものですね。そこで今回は、海の国立公園、フレシネ国立公園をご紹介します。ホバートから車で約2時間、州東海岸の真ん中ほどに突き出るフレシネ半島の約半分を占める同地は、マウント・フィールドと共に1916年に州初...

     詳細を見る

    年明けのイベント・シーズンはタスマニア・ワインで!

    第2回 タスマニア巡り年明けのイベント・シーズンはタスマニア・ワインで!  不安と困惑に明け暮れた2020年。観光業も大きな影響を受け、閑古鳥が大合唱中……。とはいえ、くよくよしていても仕方ありません。例年ならばツアー最繁期で家に帰ることもできない年末年始ですが、今年の年始は家族や友人と過ごせそう。せっかくなので、楽しくお酒を飲んで嫌なことは忘れてしまいましょう。 コール・バレーの老舗。古い納屋...

     詳細を見る

    タスマニアと言えば、クレイドル・マウンテン!

    第1回 タスマニア巡りタスマニアと言えば、クレイドル・マウンテン! 皆さん、初めまして。前任の千々岩氏の後を引き継ぎ、今回からタスマニアのご案内を致しますAJPRツアー・ガイドの稲田です。140回にも及ぶ連載「タスマニア再発見」の後に、いったい何を書いたら良い?と少々緊張気味ですが、千々岩氏とはまた違った視点、切り口でタスマニアのさまざまを紹介していければと思います。ぜひお...

     詳細を見る