NT考古学マニア、清代コイン砂丘に

    政府指導で発見場所に戻す  7月、北部準州(NT)のパースト・マスターズと自称する考古学グループが、アーネムランド沖のエルコー島の砂浜で18世紀の清代中国の黄銅貨「乾隆通寶」を発見した。  乾隆帝の治世(1735-1796)に鋳造された乾隆通寶自体は今でも大量に残っており、長年使われていたからコイン・ショップなどよりフリー・マーケットの細工物で見かける方が多いくらい珍しくも何ともない中国硬貨だが、...

     詳細を見る

    TAS産アワビにヘルペス感染防止効果

    血液ヘモシアニンに抗ウイルス特性  TAS産のアカアワビの血液、ヘモシアニンを構成するタンパク質にヘルペス・ウイルスを抑制する特性があるのではないかと研究者が期待している。  事の発端は、アワビ加工に従事していた人が長年悩んでいたウイルス性のイボがいつの間にか消えてしまったことに気づき、研究者に通報したことから。イカ・タコ、貝類の血液は魚、鳥、ほ乳類などのヘモグロビンと異なり、ヘモシアニンと呼ばれ...

     詳細を見る

    Exスーパームーンで夕暮れの空に満月

    普段より14%大きく、5万キロ近づく  8月10日の月は近地点と満月が重なるエキストラ・スーパー・ムーン。  地球を回る月の公転軌道は楕円を描いているため、遠ざかったり近づいたりしている。軌道上で地球にもっとも近い点を近地点、もっとも遠い点を遠地点と呼ぶ。月が近地点を通過するのは28日余りに1回ある。しかし、地球が太陽のまわりを公転しているからずれこんでいき、近地点前後で満月になるのは年に1回程度...

     詳細を見る

    ケーン・トード、寒冷乾燥地にも適応

    北部準州内陸部にも侵略始める  南米産で、オーストラリアには80年前後前にハワイ経由で輸入されたオオヒキガエルのケーン・トードは元はサトウキビの根を荒らす甲虫の幼虫を退治するためにクイーンズランド州に持ち込まれたのだが、生態が合わず、甲虫退治に役立たなかっただけでなく、ケーン・トードそのものが手強い害獣であることが間もなく明らかになった。耳の後の毒腺と旺盛な繁殖力でオーストラリア在来種の動物を脅か...

     詳細を見る

    大陸の夜空にまばゆい光走る

    「スペース・ジャンク」と専門家  7月10日夜、大陸東部の夜空にまばゆい光が走ったのを大勢の人が目撃しており、「飛行機事故ではないか」との通報が殺到した。  その他にも、「流星ではないか」との問い合わせもあったと報道されているが、天文専門家は、「スペース・ジャンクだろう」と発表している。  同日夜午後10時頃、NSW州北部からホバートまでの地域で、飛行機のパイロット、航空管制官、一般市民が明るい光...

     詳細を見る

    ソーラーパネル普及で電力業界に異変

    時流に遅れる連邦政策と電力企業  アメリカではソーラー・パネルを取り付けて送配電網に売電している世帯に対して送配電網使用料を徴収する電力会社もある。一方、オーストラリアでは、ソーラー・パネルを送配電網から切り離そうとする電力会社も報道されている。  電力会社は、10年ほど前に繰り返し起きた真夏日のクーラーの集中運転で電圧が下がったり、停電した経験から、将来の需要増を見込み、変電所を含む送配電施設、...

     詳細を見る

1 20 21 22 23 24 25