帰国者も入国者もホテルに強制隔離処分

    連邦政府「14日間の宿泊費は本人負担」  これまで、海外からの旅行者、帰国のオーストラリア国籍者、永住権保持者は14日間の自己隔離が言い渡されていた。罰則付きの措置とはいえ自主性に任せてきた結果、違反者が多いため、3月27日、連邦政府は遂に帰国者の空港到着から厳重に管理することを決めた。  ABC放送(電子版)が伝えた。  スコット・モリソン連邦首相は、「オーストラリアに入国するすべての旅行者は強...

     詳細を見る

    国際的な石油価格低下でペトロール価格も1ドルに

    値下がりの消費者還元を拒否する業者も  コロナウイルスで石油需要が激減しており、それに伴って国際的に石油価格が低下している。そのため、オーストラリア国内でもペトロール価格が1ドルを下回る給油所も現れている。しかし、中には石油価格のねさがりを消費者に還元しようとしない業者もいることが伝えられている。  ABC放送(電子版)が伝えた。  3月19日の報道によると、シドニー都市圏西部では1リットル97セ...

     詳細を見る

    中銀、政策金利の緊急切り下げで0.25%に

    コロナウイルス・パンデミック不況に備え  3月19日、豪中銀(RBA)は、臨時に政策金利切り下げを行い、これまでの0.5%からさらに切り下げて0.25%という記録的な低利を発表した。  ABC放送(電子版)が伝えた。  また、コロナウイルス・パンデミック不況を防ぐための臨時措置も発表した。  RBAは初の量的緩和措置として豪国債を買うことになり、市中銀行に低利貸付を行うため、資金供給ファシリティを...

     詳細を見る

    モリソン連邦政権、経済刺激策の第二弾も検討

    10億ドル単位で産業を支え、経済崩壊防ぐ  スコット・モリソン連邦政権が計画している経済刺激策第二弾は基幹産業を支えるために何十億ドルもの財政予算を投資するというもので、一方、中銀(RBA)も、3月19日にはさらに政策金利を0.25%という未曾有の水準に引き下げた上で非伝統的金融政策を実施することになっている。  モリソン政権は、コロナウイルスの大発生に対応して176億ドルの経済刺激策を発表してお...

     詳細を見る

    コロナウイルス直撃の経済を支える刺激政策

    モリソン政権、総額176億ドルを経済に注入  3月12日、スコット・モリソン連邦政権は、旱魃、ブッシュファイアの後に来たコロナウイルス蔓延の直撃を受けるオーストラリアの国民経済を支えるため、国家財政から総額176億ドルを国民経済に注入すると発表した。  ABC放送(電子版)が伝えた。  オーストラリアでは2008年に始まった世界金融危機を乗り切るため、ケビン・ラッド労働党連邦政権が国民各個人に90...

     詳細を見る

    国内コロナウイルス患者増加で休業失職の予想

    カジュアル労働者は全面的に収入途絶も  オーストラリア国内でもコロナウイルスの影響で客が来ず、休業を余儀なくされたり、被雇用者を自宅待機にするケースが出始めている。  コロナウイルス感染が広がっているため、学校や職場が休校・休業になり始めており、今後何週間、何か月の間にウイルス蔓延が激しくなるにつれて休校・休業もさらに広がることになると警告する専門家もいる。  ABC放送(電子版)が伝えた。  W...

     詳細を見る

    3月3日の中銀理事会、金利を記録的な0.5%に

    ブッシュファイア、旱魃、コロナウイルスの経済ショック  3月第一火曜日の3日、中銀(RBA)理事会は政策金利を0.5%という記録的な低率に引き下げた。  ABC放送(電子版)が伝えた。  オーストラリア経済、特に小売業界は徐々に沈滞してきており、そこにブッシュファイア、旱魃、さらに今はコロナウイルスが追い打ちをかけている。  2019年、RBA理事会はオーストラリア経済を刺激するために3回も利率を...

     詳細を見る

    COVID-19の経済的影響第二波も遠からず

    観光、教育に続いて今度は商品供給チェーン  新型コロナウィルス、COVID-19による経済的影響第一波は中国からの旅行者や留学生の激減という形でやって来て、観光オペレータ、宿泊施設、観光地の小売店、ホスピタリティ業界、TAFEや大学に大きな影響を与えているが、感染症の発生が終熄しても第二波が予測されている。  ABC放送(電子版)が伝えた。  オーストラリアは早くに国境封鎖し、オーストラリア国民と...

     詳細を見る

    中銀、政策金利を現行の0.75%に据え置き

    コロナウィルスとブッシュファイアの影響を監視か  2月4日、2020年初の中銀(RBA)理事会は、現行の政策金利0.75%を据え置くことを決定した。  シドニー・モーニング・ヘラルド紙(SMH、電子版)が伝えた。  同紙は、RBAでは、新型コロナウィルスの大発生やこの夏のブッシュファイアがオーストラリア経済にどのような影響を及ぼすかがはっきり見えてくる前で待つようだとしている。  この政策金利据え...

     詳細を見る

    弱り目に祟り目の豪経済に23億ドルの負担

    旱魃、火災に続いて疫病で輸出・観光に打撃  2019年9月以来ブッシュファイアが国内各地で発生し、復興に向けて国民経済に莫大な負担になっているが、火災が一段落すると今度は中国で発生した新型コロナウィルス蔓延で中国市場向けの輸出や観光が大打撃を受けている。  シドニー・モーニング・ヘラルド紙(SMH、電子版)が伝えた。  オーストラリア経済はすでに軟調になっており、いつ終わるともしれない旱魃への対策...

     詳細を見る

1 2 3 4 5 6 30