「現在の健康食品度星格付け制度は不備」

    消費者団体「Choice」が加糖食品を批判  国内最大の消費者団体「Choice」は、現在、星の数で表示する健康食品度格付け制度(ヘルス・スター格付け制度)は不備として、根本的な改革を訴えている。  ABC放送(電子版)が伝えた。  現在の制度では国内の食品のうち、30%程度しかヘルス・スター格付けを表示しておらず、さらには健康食品度を計る条件に不備があるため、過度に加工・パッケージ化された食品が...

     詳細を見る

    2019年減税による国民の支出増加はわずか

    2008年に次ぐ不況の小売部門には効果なし  減速化の進む経済に対して消費増大を狙ってスコット・モリソン保守連合連邦政権が予定している減税は、2008年の世界金融危機以来最大の不況とされる小売り部門にはほとんど効果がないとの報告が出ている。  ABC放送(電子版)が伝えた。  ANZ銀行の予測では、ステージ・ワンの減税で国民世帯の収入は0.6%増えることになるが、2009年のケビン・ラッド労働党政...

     詳細を見る

    豪RBA、数か月以内にさらに利下げの見通し

    「雇用創出のため政府もさらに努力を」と総裁  中銀(RBA)は、6月第一火曜日に政策金利を1.25%に引き下げたが、フィリップ・ロウ中銀総裁は近いうちにさらに利下げがあり得ることを示唆している。  また、今月の利下げについても豪経済が悪化しているからではなく、もっと良くなるはずだからだとしている。  ABC放送(電子版)が伝えた。  ロウ総裁は、「豪経済は改善の余地が十分にあり、0.25%ポイント...

     詳細を見る

    NSW州政府、インフラに930億ドル、10億ドルの黒字

    史上最大の歳入減と赤字増を目前に財相発表  州財政の赤字と州史上最大の歳入減を目前に、グラディス・ベレジクリアン保守連合政権のドミニク・ペロテット財相が、史上最大のインフラストラクチャ支出とわずかな財政黒字の見通しを発表した。  ABC放送(電子版)が伝えた。  住宅市場がスランプに陥っており、さらに経済成長も予想をはるかに下回る状況はNSW州財政にも大きく響いているが、ペロテット財相は2020年...

     詳細を見る

    連邦蔵相「経済刺激策より財政黒字が優先」

    「経済減速進んでも減税と財政黒字達成」言明  世界経済にあわせてオーストラリア国内も経済の減速化が進んでいるが、ジョッシュ・フライデンバーグ財相は、経済刺激策よりも財政黒字が優先と語っている。また、減税しながら財政黒字は可能としている。  シドニー・モーニング・ヘラルド紙(電子版)が伝えた。  先には「オーストラリア経済は国民一人当たりですでに不況に入っている」と伝えられているが、6月14日にはナ...

     詳細を見る

    「世界金融危機以来の小売業界不況」

    ナショナル・オーストラリア銀行が宣言  6月14日、ナショナル・オーストラリア銀行(NAB)が、「国内小売業界は2008年の世界金融危機(GFC)以来の不況」と宣言した。  シドニー・モーニング・ヘラルド紙(電子版)が伝えた。  例年なら「年度末セールス」が始まる時期だが、家主もテナントも白旗を掲げかねない調子だとして、「ただでさえ小売業界を景気後退が取り巻いている上にシドニー地域の小売業界は冬物...

     詳細を見る

    中銀の利下げの後も消費者信頼感続落

    経済の先行き不安で消費意欲減退か  連邦選挙から3週間経ち、経済の現状が次第に明らかになってきており、今月初め、経済刺激を図った中銀(RBA)の政策金利引き下げにもかかわらず、消費者信頼感は下がり続けていることが報道されている。  ABC放送(電子版)が伝えた。  RBAの利下げの後のデータでは消費者心理の指数が悲観側に下がっており、国民が経済の先行きに不安を感じていることを示している。しかも、6...

     詳細を見る

    銀行各社、定期預金の利率を引き下げに走る

    預金者の損失総額は13億ドルと試算  6月4日の中銀(RBA)理事会は政策金利を史上記録の1.25%に引き下げ、今後さらに引き下げる可能性を示唆し、市中銀行に対しても住宅ローンなどの金利を引き下げるよう勧告していた。  6月10日のABC放送(電子版)は、市中銀行多数が2か月前から定期預金の利率の引き下げに急いでいる。そのため、一般預金者が最大の損失を被ることになると伝えている。  また、国内の普...

     詳細を見る

    住宅ローン返済滞納件数増加

    世帯の借金増大と賃金低迷が背景に  州都の住宅不動産価格下落はシドニー、メルボルンでやや緩和されてきたが、ダーウィン、パース、ブリスベンでは加速されてきているとの数字が出ている。  一方、信用格付けのS&Pグローバル社によると、住宅ローン返済の焦げつき件数が、世界金融危機直後以来の高い水準になっている。  ABC放送(電子版)が伝えた。  その背景には、世帯の借金額や不完全雇用率が高くな...

     詳細を見る

    豪経済、2008年世界金融危機水準まで減速

    10年ぶりに経済年成長率が1.8%に  オーストラリア経済は減速を続けており、GDP成長率が遂に前年比で2%を下回った。  ABC放送(電子版)が伝えた。  2019年第一四半期のGDP成長率は0.4%、また、前年1年間との比較では1.8%と2%を下回っており、2008年の世界金融危機(GFC)翌年の2009年第三四半期以来の低調さになった。  賃金上昇が沈滞していることから世帯の消費意欲が減退し...

     詳細を見る

1 2 3 4 5 6 27