旦那はオージー「祝! 入学、進級、進学おめでとう」

    第53回 祝! 入学、進級、進学おめでとう 【前回までのあらすじ】 極寒の北海道から、オーストラリアへ家族4人で移住。オージーの夫との一風変わった日常生活を綴っている。 私たち家族が北海道に住んでいたころ、テレビや新聞に子どもが誘拐されて殺されたというニュースが毎月のように出ていた。平和なオーストラリアでは、そうした事件はほとんど起きたことがないらしく、夫は非常に衝撃を受けたようだった。 ...

     詳細を見る

    旦那はオージー「ひな祭り」

    第52回 ひな祭り 【前回までのあらすじ】 極寒の北海道から、オーストラリアへ家族4人で移住。オージーの夫との一風変わった日常生活を綴っている。 日本には各種季節行事が毎月のようにあるが、外国人にとって興味深いのは「桃の節句」であろう。あのエキゾチックな雛(ひな)人形セットを見ると、外国人は驚きのあまり目を見張るようだ。 夫も例外ではなかった。しかし、結婚したばかりのころ、我が家には雛人形...

     詳細を見る

    旦那はオージー「バレンタイン編」

    第51回 バレンタイン編 【前回までのあらすじ】 極寒の北海道から、オーストラリアへ家族4人で移住。オージーの夫との一風変わった日常生活を綴っている。 オーストラリアのバレンタイン 日本のバレンタイン・デーと言えば、女性がチョコレートを意中の男性に渡す日、もしくはお世話になった人に日頃の感謝を込めて、チョコレートの詰め合わせを贈る日だ。その一方で、欧米では反対に男性から意中の女性に何らか(...

     詳細を見る

    旦那はオージー「お正月編」

    第50回 お正月編 【前回までのあらすじ】 極寒の北海道から、オーストラリアへ家族4人で移住。オージーの夫との一風変わった日常生活を綴っている。 オーストラリアのお正月 日本の年の瀬と言えば、新年を迎えるに当たってたくさんの準備が必要なため、気忙(きぜわ)しい時期ではないだろうか? 私が日本にいたころ、お正月の何が楽しみだったかと言えば、家族で見る紅白歌合戦やレコード大賞、お笑いなどのテレ...

     詳細を見る

    旦那はオージー「クリスマス編」

    第49回 クリスマス編 【前回までのあらすじ】 極寒の北海道から、オーストラリアへ家族4人で移住。オージーの夫との一風変わった日常生活を綴っている。 オーストラリア人のクリスマス オーストラリアのクリスマス・シーズンの始まりはとても早い。オーストラリアにおけるハロウィンはまだまだ認知度が低いため、ハロウィンの時期もそこそこに(早い店舗では)9月末ごろからクリスマス・グッズを販売し始める。 ...

     詳細を見る

    旦那はオージー「ハロウィン編」

    第48回 ハロウィン編 【前回までのあらすじ】極寒の北海道から、オーストラリアへ家族4人で移住。オージーの夫との一風変わった日常生活を綴っている。 オーストラリア人のハロウィン観とは? 来日したばかりの時、夫が驚いたことはお店で販売されているハロウィン・グッズの多さとパーティーが大いに盛り上がっていることだったという。「何でアメリカからやって来た『悪魔のお祭り』(注:夫にはそう見えたらしい...

     詳細を見る

    旦那はオージー「サイクロンとオージー気質」

    第47回 サイクロンとオージー気質 【前回までのあらすじ】極寒の北海道から、オーストラリアへ家族4人で移住。オージーの夫との一風変わった日常生活を綴っている。 私たちが住むオーストラリア北部では、サイクロンが年に1、2回やって来る。大抵は小型台風のようなもので、ひと晩くらい家の中に避難していれば収まる程度のものだと思っていた。しかし、今年のサイクロンの被害は尋常ではなかった。朝起きると、何...

     詳細を見る

    旦那はオージー「重箱編」

    第46回 重箱編 【前回までのあらすじ】極寒の北海道から、オーストラリアへ家族4人で移住。オージーの夫との一風変わった日常生活を綴っている。 オーストラリア人の結婚観 『ダーリンは外国人』の漫画が大ヒットしたせいもあって、外国人のダーリンに対する幻想が世の中に広まった気がする。曰く「毎朝、夫が用意した朝食をベッドまで運んできてくれる」(実際に、そういう旦那様を見たことがある。うらやましい)...

     詳細を見る

    旦那はオージー「女王様の最高級食器編」

    第45回 女王様の最高級食器編 【前回までのあらすじ】極寒の北海道から、オーストラリアへ家族4人で移住。オージーの夫との一風変わった日常生活を綴っている。 オーストラリアの便利なごみ捨て事情 オーストラリアに住むようになって、一番の衝撃がごみ収集だった。各家庭に高さ1.2メートル縦横60センチメートルくらいの大きなふた付きのごみ箱が2つ(リサイクル用&焼却ごみ用)支給されており、そこにいつ...

     詳細を見る

    旦那はオージー「太鼓腹と温泉編」

    第44回 太鼓腹と温泉編 【前回までのあらすじ】極寒の北海道から、オーストラリアへ家族4人で移住。オージーの夫との一風変わった日常生活を綴っている。 日本人は基本的には優しいが、体形のことになると、他人に対してかなり辛らつになる人が多い、と感じたことはないだろうか? 通り過ぎた人を見て「あの人、太り過ぎ」「よくあんな太い脚を出して歩けるなあ」と思うだけならともかく、「デブはスカートを履くな...

     詳細を見る